香港台湾经典三级A视频

<noframes id="xxddz"><p id="xxddz"><delect id="xxddz"></delect></p>

<video id="xxddz"></video>
<p id="xxddz"><p id="xxddz"><output id="xxddz"></output></p></p>

<video id="xxddz"><p id="xxddz"></p></video>

<delect id="xxddz"><delect id="xxddz"><listing id="xxddz"></listing></delect></delect>

<p id="xxddz"></p>
<p id="xxddz"></p>

<video id="xxddz"><output id="xxddz"></output></video>

<font id="xxddz"><delect id="xxddz"><listing id="xxddz"></listing></delect></font>
<p id="xxddz"><delect id="xxddz"></delect></p>

<video id="xxddz"><p id="xxddz"></p></video>

<p id="xxddz"><delect id="xxddz"></delect></p>
<noframes id="xxddz"><p id="xxddz"></p>

<p id="xxddz"><output id="xxddz"><font id="xxddz"></font></output></p>

<video id="xxddz"><p id="xxddz"></p></video>

<p id="xxddz"></p>
?
about

どう炭化ケイ素輻射の管の性能向上

2018-12-09 21:38

  炭化ケイ素輻射の管が市場の需要はますます高く、輻射の管の質を高めるなら、那須からこれらの裝置の工夫を構成し、保証のうちだけの部品性能が良好で、炭化ケイ素輻射の管の性能を高めることはできない。下を紹介して。
  1、ガスや放火助燃空気より養生を燃やし、排気ガスのo2含量を燃やす統制が2以下。酸化窒素を守るための下、過多酸素発作窒化効果、輻射の管が腐食損害とさせる。
  2、ガス圧力控制閥や空気の圧力控制閥動作、機敏で滯る、ガスの圧力と空気の圧力は焼卻確保の確保を徹底的に平穏を燃やす。
  3、運用炭化ケイ素輻射の管で助燃空気の熱交換が活発にしない、空気の排気ガスの防止テレマーケティングを吸って、ガスや空気の影響を混ぜてシェアを燃やす。
  4や熱交換の融合フランジ、密封機能よりは、外部の冷たい空気に入って、なるべく進歩助燃空気の溫度。
  5、すれば、條件や経費の狀況に応じ、大型熱交換を設置しなければならない、使用の排気ガスプラントの外に排出する余熱(390℃ダム)初めて予熱空気、空気が焼き口輻射館內の熱交換に入って二回予熱空気、進歩助燃空気の溫度。
  6、炭化ケイ素輻射管溫度400℃の時(爐膛溫度)、厳禁爐の蓋を開け、剝がした焼き口や熱交換、高溫の輻射の管遇防止寒気が短縮ひび割れを形成する。
 

香港台湾经典三级A视频

<noframes id="xxddz"><p id="xxddz"><delect id="xxddz"></delect></p>

<video id="xxddz"></video>
<p id="xxddz"><p id="xxddz"><output id="xxddz"></output></p></p>

<video id="xxddz"><p id="xxddz"></p></video>

<delect id="xxddz"><delect id="xxddz"><listing id="xxddz"></listing></delect></delect>

<p id="xxddz"></p>
<p id="xxddz"></p>

<video id="xxddz"><output id="xxddz"></output></video>

<font id="xxddz"><delect id="xxddz"><listing id="xxddz"></listing></delect></font>
<p id="xxddz"><delect id="xxddz"></delect></p>

<video id="xxddz"><p id="xxddz"></p></video>

<p id="xxddz"><delect id="xxddz"></delect></p>
<noframes id="xxddz"><p id="xxddz"></p>

<p id="xxddz"><output id="xxddz"><font id="xxddz"></font></output></p>

<video id="xxddz"><p id="xxddz"></p></video>

<p id="xxddz"></p>